ベルブランの効果とクレーターニキビ跡への影響

ベルブランはニキビが治った後に使用することで、ニキビによるシミを防ぐことができます。しかしもう既にニキビが治り、クレーター状のニキビ跡ができてしまった肌を綺麗に治すことは出来るのでしょうか?

この記事ではベルブランのクレーター状のニキビ跡への効果と影響を紹介していきます。

ベルブランでクレーター状のニキビ跡は治せる?

先に答えをお伝えしますと、ベルブランではクレーター状のニキビ跡を目立たなくさせることは可能です

「目立たなくさせるということは完全に治すことは無理なの?」

と思われるかと思います。ここでははっきりとお伝えしていきますが、クレーター状のニキビ跡を完治させることは大変難しいです。これはベルブランだけに限らず、他のニキビ美容液でも病院でも同じ様なことです。実はクレーターニキビ跡を改善できる美容液はほぼ市販で販売されておらず、完治しようと思ったら皮膚科などの専門の病院での治療になります。

  • フラクショナルレーザー
  • ダーマローラー
  • TCAピーリング

などの専門の治療方法で治療することになりますが、完全に治らないケースがあります。これを知らないで「病院に行けば治る」と思って病院に行ったけど完全に治らないのに何十万も治療費として取られたし1年近くも時間を取られて損をしたといった事もあります。なぜ完全に治らないケースがあるのかといいますと、治療自体が難しいからです。一度凹んだ皮膚を持ち上げるのは難しいんです…

「そんな難しい治療を自宅で出来るベルブランだけで治るの?」と疑っちゃいますよね?そこでベルブランのクレーターニキビ跡への効果を紹介していきます。

ベルブランのクレーター状のニキビ跡への効果と影響

簡単な流れは以下の通りになります。

  1. コラーゲンで肌にふっくら感やハリをもたせる
  2. ニキビ跡の肌を滑らかにする

つまり凹んだ肌(クレーター部分)をふっくらさせて凹凸を目立たなくさせるといった治療になります。ベルブランは肌を引き締める効果もありますので、より凹凸が目立たなくさせることも出来るでしょう。

ベルブランでクレーターを改善出来る期間について

しかし「とにかく早くクレーター状のニキビ跡を直したい!」といった方にはベルブランはおすすめできません。といいますのもベルブランで肌をふっくらさせるにはある程度に時間が必要だからです。

具体的な期間についてはクレーターニキビの状況とその人の治癒力によって異なりますので正確な期間はお伝えできませんが、大体継続した使用で3ヶ月間と言われています。

ですがこの期間をはターンオーバーを改善することで早めることはできます。そもそもクレーター状のニキビ跡というのはターンオーバーが乱れたことによって正常に完治できなくなった傷跡の結果です。

※ターンオーバーとは皮膚が新しくなること

よってクレーターニキビ跡ができてしまったあなたはターンオーバーが乱れているということです。このターンオーバーが乱れた要因としてはストレスや食生活やホルモンなど様々な要因がありますが、ターンオーバーの乱れを改善しなければクレーターニキビ跡の治癒は難しいでしょう。

ターンオーバーを改善するにはまずは規則正しい生活をすることが絶対です。

  • 毎朝洗顔をする
  • 保湿ケアをする
  • タンパク質を多く摂取する
  • ビタミンを多く摂取する

などといった事を行ってください。これを継続することで3ヶ月経つ前にクレーター状のニキビ跡への効果が見られるかもしれません。

ベルブランか病院か?

やはり確実に治すなら病院と考える人もいるでしょう。しかしクレーター治療は病院だからといって完全に治るわけではありませんし何十万といったまとまったお金が必要です。

それに比べてベルブランなら自宅でできますし、値段も治療に比べると格安です。時間はかかってしまいますが、それは病院で治療した場合も同じです。

ならまずはベルブランで試してみて治らなかったら病院に行くのが後悔は少ないのではないでしょうか?

「本当にベルブランで治るの?」

心配な方はベルブランを使用した先輩たちの口コミを見てみてから決めてみてはいかがですか?

↓↓↓

ベルブラン口コミ