ベルブラン効果

ベルブランを使ったら悪化した!被害を防ぐために使用中止?

ベルブランはニキビ跡のシミの改善効果に期待ができる美容液です。そんなベルブランの効果ですが、

  • 悪化してニキビが逆に増えた
  • 肌に痒みが出てきた気がする

といった口コミが見られています。

そういった口コミが見られるなか、自信をもってベルブランを購入するのは、なんだか不安になってしまいますよね?

今回は悪化したといった口コミがあるベルブランの本当の効果について紹介していきたいと思います。

ベルブランでの悪化は本当?

本当です。

ベルブランの口コミを見ていると

  • ニキビが増えた
  • 肌がガサガサになった
  • 痒みが出てきた

といったような口コミが見られています。

本当に効果があるの?といったことまで心配していましますよね。こういった悪評があることで購入を控えようと考えている方も多いのでは無いでしょうか?

ベルブランでの悪化の真実

ベルブランで悪化したといった口コミは事実だという事が分かりましたが、実はこれにはちゃんとした理由があるのです。

肌に合う合わないだけではなく、誰しもが経験する可能性のある症状ですので、購入前に知っておくことでいざ起きてしまった場合も焦らずに対応可能です。

結論をお伝えすると、これら症状が出てしまったのには以下の2つの理由があると考えられています。

  • 抗体反応
  • 好転反応

簡単に解説すると、今まで使用した事が無い成分が肌に触れ、体内に溜まった悪い物質を排出して良くなる方向に傾いているといった事になります。

ですので基本的には肌には良い反応ということですので安心して大丈夫です。

もう少し抗体反応と好転反応について解説していきます。

抗体反応

自己免疫反応として、

  • 赤み
  • 痒み
  • ぶつぶつ

といった症状が出ることです。

初めて使った化粧品で起きる場合が多く、使い続けていくうちに次第に改善します。

 

好転反応

体内に溜まっていた有害な物質が体外に排出されます。

肌に効果を実感できいい方向へ向かう時に起こります。

その際、

ニキビ

吹き出物

といった症状が起こる可能性がありますが次第に改善していきます。

 

まとめ

今回はベルブランを使ったら悪化したといった口コミ効果の真相について解説していきました。

結論としては、

  • 抗体反応
  • 好転反応

の2つの原因があったということになりましたが、これら2つの症状は、ベルブランだけに限らず、他の美容液で起こる可能性があります。「ベルブランだから起こる」といった事では無いのでご安心ください。

もしこれらの症状が起こった場合でも、そのまま継続して使用することで「気づいたら治っていた」といったこともあります。あまり心配せずに毎日ベルブランを使い続けることが大切ですね。

もし心配でしたら、公式サイトで購入すると60日間の全額返金保証が用意されていますので活用してみても良いかもしれませんね。

ベルブランはコットンパックを使うと効果は◯倍に!?

ベルブランはニキビ跡のシミ対策や改善を出来る美容液です。ベルブランを肌の内部に浸透させることによって効果を最大限発揮できます。

ベルブランを効果的に肌内部の角層までに浸透させるためにはコットンパックを使うのがおすすめです。

公式サイトでも紹介されている正しい使い方です。

コットンパックを使うってコットンパックを用意して色々と面倒そう…と思われるかと思いますが、案外簡単にできますので御覧ください♪

コットンパック&ベルブランの使い方の7ステップ

  1. コットンを用意する
  2. コットンに精製水を染み込ませる
  3. コットンにベルブランを染み込ませる
  4. コットンを顔にのせる(隙間なくコットンで顔全体を覆うのがポイント)
  5. 5分ほどコットンパックします
  6. コットンをとります
  7. ハンドプレスでベルブランを染み込ませる

以上がコットンパックを使ったベルブランの使い方です!簡単ですよね?

コットンパックを使う頻度

ベルブランはコットンパックを使うのが効果的だからといって毎日行う必要はありません。ベルブランは朝と夜の1日2回使用するのが正しい使い方になりますが、コットンパックは2日1回の夜だけの頻度で使用するのが良いかと思います。肌荒れがひどい日にもコットンパックを使用しても良いでしょう。

このサイクルをベルブランを使い始めて初めの2週間繰り返すだけでベルブランの効果を最大限に発揮できるでしょう。

コットンパックを準備するのも面倒といった方の為に、公式サイトで購入するとコットン20枚が無料で付いてきます!1回1枚で顔全体を使用できますので、20回分は使用できます。

 

その他ベルブランを効果的に使う方法としてイオン導入器という方法があります。コットンではなく電気の力を使ってベルブランを肌の奥まで浸透させる方法です。イオン導入器を購入する必要がありますが、ベルブラン単体で使用したときの40倍の浸透効果の差があるとも言われていますので、参考にしてみてくださいね。

ベルブランはイオン導入で効果40倍になるってマジ?

ベルブランの効果が見られるのは3ヶ月は必要

コットンパックやイオン導入などのベルブランの効果を最大限に発揮できる方法がありますが、通常はベルブランの効果が見られるまでは3ヶ月間は必要かと思われます。

ニキビのシミが治る為にはターンオーバーのサイクルにより肌を綺麗にしなくてはいけません。

ターンオーバーの期間は年齢によって異なりますが、20代だと28日ですが、30代だと40日、40代だと55日、50代だと75日と年齢が上がっていくに連れ治る期間は長くなっていきます。

取り返しのつかなくなる前にベルブランでニキビ跡を改善してみてはいかがでしょうか?

ベルブランを効果を発揮させる化粧水はどれを選べば良い?

ベルブランはニキビ跡によってできるシミを予防し、できたシミを改善する効果があります。

そんなベルブランの使い方としてはベルブランを肌に塗るだけで良いのですが、その後に化粧水や美容液などを塗ることが重要です。

このベルブランの使用後に使用する化粧水や美容液の選び方を間違えてしまったり、使用しなかったりしてしまってはなんでベルブラン使ってるの?といった事になるかもしれませんよ。

ベルブランはブースター型美容液!

ベルブランはブースター型美容液という種類の美容液です。ブースター型美容液という美容液を初めて聞いた方に簡単に説明しますと、ブースター型美容液とはブースター型美容液の後に使用した化粧水や美容液の浸透をよくさせる効果があります。ベルブランが後から使う化粧水・美容液の通り道を作ってくれるといったイメージですね。

ベルブランの後に使用した化粧水や美容液の浸透を良くし、効果を最大限に発揮できるということです!

具体的な成分としましては油溶性甘草エキスという成分が通り道を作ってくれています。その後にトラネキサム酸が肌内部に浸透することによって美白効果を得ることができます。

ベルブランと一緒に使用すると良い化粧水の選び方

基本的にどの化粧水や美容液を選んでも大丈夫なのですが選ぶ際の注意点とコツを紹介します。

  • エタノールの配合に注意
  • ビタミンC誘導体の配合が良い

この2点だけ抑えておけば間違いは無いでしょう。

エタノールが配合されている化粧水はニキビとの相性は最悪でうす。ニキビケアにおいて保湿は重要なポイントとなってきますが、エタノールは性質上蒸発しやすくなっています。という事は肌内部の水分と一緒に蒸発してしまうということです。乾燥肌の方はアルコール(エタノール)は良くありません。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水がニキビケアには良いです。ビタミンC誘導体にはターンオーバーを最適化させる効果があります。ニキビ跡を治すためにはターンオーバーの改善が必須ですのでビタミンC誘導体が配合されている美容液を肌内部に浸透させることは効果的でしょう。

※あくあまでも参考として…ハトムギ化粧水はビタミンC誘導体は配合されていませんでした。

ベルブランにおすすめの化粧水は?

「てっとり早くベルブランと一緒に使うおすすめの化粧水は無いの?」という方のために、おすすめの化粧水・美容液を紹介します。

ベルリアンです!

ベルブランを作っている会社と同じ会社から販売されているベルリアンは、もちろんビタミンC誘導体が配合されておりエタノールなどの危険な成分は含まれていません。

ベルブランは保存方法を間違えると効果半減!?使用期限にも注意!

ベルブランはニキビ跡のシミを防ぐ・治す事のできる美容液です。

美容液にも使用期限や保存方法があるのをご存知でしょうか?

これを軽視するかしないかでベルブランの効果半減だけでなく逆効果で肌荒れといったリスクもあるのでご注意ください。

ベルブランの使用期限は半年or2年

ベルブランの使用期限は半年または2年です。ベルブランには美容成分が含まれており、美容成分にも期限があるんですね。時間が経てば劣化してしまいますし、開封後は空気に触れる訳ですから劣化のスピードは早くなります。

 

ベルブランの使用期限↓

  • 未開封▶2年
  • 開封済▶半年

 

美容液を含む、化粧品は使用期限の表示がされていない場合は使用期限は未開封で製造から3年と言われていますが、ベルブランは2年と表示されていました。また開封後は半年しか持ちませんので、通常の美容液よりも使用期限が短いことから余計な保存剤などは使用されていないのだろうなと感じます。

実際にベルブランは香料などの使用しておらず、イオン導入器で角質まで浸透させても問題ない美容液です。

ベルブランの保存方法は冷蔵庫NG

よく「化粧品は冷蔵庫で保存したほうが長持ちする」といった事を聞いたことはありませんか?実はそれ間違っているんです。冷蔵庫での保存を推薦されている化粧品・美容液などは例外ですが、ベルブランは冷蔵庫での保存は避けましょう。

ベルブランを冷蔵庫に入れてしまうと冷蔵庫と部屋の温度差で品質を低下させてしまいます。

 

ベルブランの正しい保存方法↓

  • 蓋をしっかり締めて
  • 直射日光を避ける
  • 常温保存

 

この保存方法をしなければ前述した開封済で半年や開封済で2年といった保存期間が当てはまらなくなりますのでご注意ください。

 

購入の際にも注意点が

ベルブランはネット通販でしか販売していませんので、

  • 公式サイト
  • amazon
  • 楽天市場
  • メルカリ

などで購入するかと思われますが、使用期限や保存方法を頭に入れておくと正規販売されていないショップでの購入はリスクを伴うということに気づくかと思います。

  • amazon▶正規販売ではない、保存方法が不明
  • 楽天市場▶正規販売ではない、保存方法が不明
  • メルカリ▶中古は開封後の日数が不明、新品でも保存方法が不明。
  • 公式サイト▶正規販売店、保存方法も確実で新しいものが届く。

メルカリなどは一般人が販売しているため保存方法の知識がない可能性があります。安全なものを確実にこうy縫うするためには公式サイトでの購入がおすすめです。

ベルブランはイオン導入で効果40倍になるってマジ?

ベルブランはニキビ跡のシミを防ぐ治す方法として注目を集めている美容液です。ベルブランは顔に塗って使用し、肌から浸透していくことで効果を発揮しますが、肌に直接塗るだけではあまり浸透していかないんですよね。それだけでなく、信用せずに残ってしまったベルブランは蒸発してしますんです。

という事はベルブランをたっぷり塗っても結果的に少ししか塗れていないといった事になってしまうんですよね…

そうならない為に効果的に塗るにはどうしたら良いのでしょうか?この記事で詳しく解説していきますね。

ベルブランを効果的に塗るにはイオン導入器がおすすめ

ベルブランを効果的に肌の奥まで浸透させるにはイオン導入器の使用をおすすめします。

イオン導入器とは、電気の効果によって美容成分を肌の奥(角層)まで浸透させることの出来る美容器具です。あくまでも美容成分を浸透させることが目的ですので、イオン導入器だけを使用しても意味はありません。イオン導入器はシミやそばかすなどを治す美容液との相性がとても良く、効果を発揮できるでしょう。

人間の体はバリア機能を持っています。外敵からの菌の侵入を防ぐためです。この人間の機能のおかげで(せいで)ベルブランが肌内部になかなか浸透しないのです。

浸透できなかったベルブランは蒸発してしまい無駄となってしまいます。そこで効率よくベルブランを浸透させるためにイオン導入器の出番です。

イオン導入器を使用することにより浸透効果が40倍にもなるといった効果もあります。

amazonや楽天市場などのネット通販でもイオン導入器は販売されています。値段は5千円から1万円のものまで様々です。

 

イオン導入は危険って聞いたけど?

「イオン導入は危険」といった声もたまに見ますね。しかしこれは使い方を間違った場合です。イオン導入器の機能というのは美容成分を肌の奥まで送り届ける(浸透させる)だけの効果となります。

そんな美容成分を肌の奥まで浸透させて大丈夫なのか?つまり、美容成分の安全性が一番の問題になるわけであり、イオン導入器自体に危険はないかと思われます。

「ならベルブランはイオン導入器で使っても大丈夫なの?」

と不安になりますが、まったくもって問題ありませんし、公式サイトでも推薦されている効果のある使い方です。

ベルブランは以下の肌によくない成分は含まれていません。

  • 紫外線吸収剤
  • 動物性原料
  • 合成香料
  • タール系色素
  • パラベン
  • シリコン
  • 鉱物油

これら成分が肌の奥まで浸透してしまうと肌荒れなどを起こしてしまう可能性があり危険ですが、ベルブランでは一切含まれていませんので、イオン導入器との併用は安全にできるでしょう。

まとめ

今回はイオン導入器での使用でベルブランの効果が40倍になるといった事をお伝えしました。ただし40倍になるからといって毎日使うのは逆効果です。1週間に1、2回程度の使用がベストだと思われます!