ベルブランを効果を発揮させる化粧水はどれを選べば良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルブランはニキビ跡によってできるシミを予防し、できたシミを改善する効果があります。

そんなベルブランの使い方としてはベルブランを肌に塗るだけで良いのですが、その後に化粧水や美容液などを塗ることが重要です。

このベルブランの使用後に使用する化粧水や美容液の選び方を間違えてしまったり、使用しなかったりしてしまってはなんでベルブラン使ってるの?といった事になるかもしれませんよ。

ベルブランはブースター型美容液!

ベルブランはブースター型美容液という種類の美容液です。ブースター型美容液という美容液を初めて聞いた方に簡単に説明しますと、ブースター型美容液とはブースター型美容液の後に使用した化粧水や美容液の浸透をよくさせる効果があります。ベルブランが後から使う化粧水・美容液の通り道を作ってくれるといったイメージですね。

ベルブランの後に使用した化粧水や美容液の浸透を良くし、効果を最大限に発揮できるということです!

具体的な成分としましては油溶性甘草エキスという成分が通り道を作ってくれています。その後にトラネキサム酸が肌内部に浸透することによって美白効果を得ることができます。

ベルブランと一緒に使用すると良い化粧水の選び方

基本的にどの化粧水や美容液を選んでも大丈夫なのですが選ぶ際の注意点とコツを紹介します。

  • エタノールの配合に注意
  • ビタミンC誘導体の配合が良い

この2点だけ抑えておけば間違いは無いでしょう。

エタノールが配合されている化粧水はニキビとの相性は最悪でうす。ニキビケアにおいて保湿は重要なポイントとなってきますが、エタノールは性質上蒸発しやすくなっています。という事は肌内部の水分と一緒に蒸発してしまうということです。乾燥肌の方はアルコール(エタノール)は良くありません。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水がニキビケアには良いです。ビタミンC誘導体にはターンオーバーを最適化させる効果があります。ニキビ跡を治すためにはターンオーバーの改善が必須ですのでビタミンC誘導体が配合されている美容液を肌内部に浸透させることは効果的でしょう。

※あくあまでも参考として…ハトムギ化粧水はビタミンC誘導体は配合されていませんでした。

ベルブランにおすすめの化粧水は?

「てっとり早くベルブランと一緒に使うおすすめの化粧水は無いの?」という方のために、おすすめの化粧水・美容液を紹介します。

ベルリアンです!

ベルブランを作っている会社と同じ会社から販売されているベルリアンは、もちろんビタミンC誘導体が配合されておりエタノールなどの危険な成分は含まれていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

カテゴリー